飼い主様との関係をつなげていく設計図

ここ、1~2ヶ月冬のボーナスが過去最低になるなど

厳しいニュースがながれている。

それに伴い、動物病院のクライアント様いわく、

高額な治療を敬遠する傾向があるとおっしゃっている。

もちろん、そのような現象もあると思う。これは、日本全体での傾向である。

 

しかし、プラスアルファの価値をつけたり、

説明力をつけたりしているかが重要なことだ。

歯石を採取し、細菌を顕微鏡でみせて飼い主様に説明し

スケーリングにつなげたり、避妊・去勢をするメリットを時間をかけて

説明するなどを実行しているかが重要だと感じる。

 

また、本当に予防や治療に対する意識が高いが

お金があまり出せない飼い主様に提供する低額な商品

(スケーリングが難しいなら歯石除去スプレーなど)の代替提案を

しているかどうかも重要である。

 

飼い主様との関係をつなげていく設計図を、自分たちで持てば、

時流を乗り越えることができるのである。

考え方・時流動向
心の枠
インバウンド
シニアアプローチ
サトリ世代の地域愛
年間計画
コストとスピード
情報の咀嚼
時流による危機感
ハロウィン
利益への意識
ギャップの認識
変化による対応
趣味を持つこと
決断力
無くなる職業
時流適応力
診療圏
学ぶスタンス
学生意識
幹を作る
好景気業種
10年後
発信によるツナガリ
定番化
情報交流によるヒント
切り口
人を待つ
物価上昇
数字
働きか方