患者目線のインフォームドコンセント

先日、人間ドックを受診した。

初めての脳ドックや大腸検査を含む人間ドックであり、

わからないことが多々あった。

 

大腸検査なども行い、鎮静剤なども使用して検査したが、

鎮静剤を使用するとどのようになるかなどの事前説明があまりなかった。

 

忙しい状況だとは感じたが、検査後少し不信感が出てきた。

 

病院としては検査はいつも実施していることであるが、

初めての患者は何もわからないことがある。

 

患者の立場にたった説明の必要性を非常に感じた体験であった。

 

患者満足度アップ手法
定番化
対象者の範囲
商品力
掘り起こし
猫対策
様々な切り口
シニアに対するアプローチ
会員制度
シニア対応に向けて
長生きのサポート
当たり前を変える
使命からの事業
老化の切り口
猫検診
少しの気遣い
メニュー開発
クレームの共有
正当性
シンプルと地道な努力
主婦感覚
患者数の考え方
シンプルな力
社会性との連動
忘れてもいい環境
消費税の増税
イベント力
企画の継続
二次活用イメージ
見えないこだわり
患者目線のインフォームドコンセント