忘れてもいい環境

ある高齢者の宿泊客が多い老舗旅館は、お風呂に入る際にスリッパに番号札をつける。

更に同じ番号の札がもう一枚セットされ番号を忘れてもわかるようにしている。

また、お風呂のロッカー棚は数字だけでなく、駐車場のように果物などの絵柄をつけわかりやすくなっている。

これは、忘れてしまうことがあってもなるべく対応できるような心がけから生まれてきた工夫だと感じる。

忘れないように考えることと、忘れてもいいように考えることは違う。

人間は忘れるという前提にたてば、様々なことが見えてくると感じた。

患者満足度アップ手法
定番化
対象者の範囲
商品力
掘り起こし
猫対策
様々な切り口
シニアに対するアプローチ
会員制度
シニア対応に向けて
長生きのサポート
当たり前を変える
使命からの事業
老化の切り口
猫検診
少しの気遣い
メニュー開発
クレームの共有
正当性
シンプルと地道な努力
主婦感覚
患者数の考え方
シンプルな力
社会性との連動
忘れてもいい環境
消費税の増税
イベント力
企画の継続
二次活用イメージ
見えないこだわり
患者目線のインフォームドコンセント