メニュー開発

メニューを開発するためには、新しいメニューを作る、既存メニューを組み合わせる、用途を換えるといったいくつかのアプローチがある。

動物病院では、新しい技術や機器からメニューを開発する、爪切りや毛刈りを組合せグルーミングパックにする、炭酸ガスレーザーをイボとりメニューにするなどの例もある。

このようなメニューを開発することも、来院を促す上では重要である。

年始にメニューを開発するということは、提供できる期間が今年1年の間に長くなるということである。

少し、メニュー作りを意識してもらいたい

患者満足度アップ手法
定番化
対象者の範囲
商品力
掘り起こし
猫対策
様々な切り口
シニアに対するアプローチ
会員制度
シニア対応に向けて
長生きのサポート
当たり前を変える
使命からの事業
老化の切り口
猫検診
少しの気遣い
メニュー開発
クレームの共有
正当性
シンプルと地道な努力
主婦感覚
患者数の考え方
シンプルな力
社会性との連動
忘れてもいい環境
消費税の増税
イベント力
企画の継続
二次活用イメージ
見えないこだわり
患者目線のインフォームドコンセント