猫への情報発信

最近、会員様では猫の情報発信がテーマとなるケースが多い。

 

日本だけでなく、アメリカも猫の啓蒙に力を入れだしていると聞く。

様々な切り口を考え、情報発信の手段を作っている。

 

いずれにしても、啓蒙は継続が大切になる。

一過性のブームでなく、使命を持って猫の啓蒙を考えていきたい。

 

新患獲得手法
ペットを増やす取り組み
様々な切り口
会員制度
経営バランス
チャレンジによる開拓
あいづち
アドバイスレベル紹介
初診数
特化の視点
地方の活力
検査メニュー
実践すること
地域密着型
情報交換の必要性
自由なアイデア
対比によるインパクト
捨てる勇気
新しい展開の実現
猫割引
猫のネットワーク
情報交流の必要性
啓蒙の時間
まとまる強さ
仕込み力
納得の必要性
猫企画の成功
優先事項による選択
猫への情報発信
スケジューリングの逆アプローチ
猫の季節