動物病院の1月

月のクライアントの動物病院様の業績が出てきた。

 

昨年より、よい成績、悪い成績がある。

 

悪い成績の方は捉え方によっては良いきっかけになる。

 

今からのフィラリアという需要期に向かって昨年よりも本気になれるということだ。

 

前向きに捉えてくださった院長は、ここから上昇する糸口が見えてくる。

 

2月も4日たった。

 

どのような推進をしているか、自問自答してもらいたい。

 

病院と飼い主様の双方向のコミュニケーションが、関係性を構築する上では重要である。

 

しつけ教室などは昔からある双方向の企画である。

 

このような、双方向のコミュニケーションを以下に構築するかが、

今年の病院の発展を決めるかもしれない。

 

ホームページ上でのペット参加型ギャラリー、運動会、待合室での伝言板など

難しく考えなければ多々出てくる。

 

2月22日は猫の日である。(今年は平成22年なのでめったにない猫の日である)

 

まずは、猫からでも双方向のコミュニケーションを構築できるものを考えてはいかがだろうか?

HP
利用者目線
弊社ホームページブログ
明文化の重要性
関心の広がり
仕事納め
連動性
定期的なリニューアル
アンケート分析
インターネットによるグローバル化
ホームページリンク
接点をもつハードル
ホームページ
ホームページリニューアル
知ってもらうこと
口コミサイト
ホームページの躍動感
ホームページの数値化
ホームページのリニューアル
サイトマップ
ホームページ更新
根本的な理由
クラウド2
オリジナルサイト
決断力
ツィッターとブログ
広告費の変化
やさしい
動物病院の1月
ホームページ
動物病院のホームページ