あるべき論からの脱却

藤原です。

こうあるべきだという意識が強い人が多々いらっしゃる。

そのような人は、あるべき姿に向かって行くと安心するが、そうでない時に非常にネガティブになる。

このあるべき姿を自分で考えずに、情報から当てはめるケースは、そもそも到達することは非常に困難である。

あるべき論から脱却することは、柔軟に成長する上で非常に重要である

モチベーションアップ手法
マンネリ化の打破
趣味の幅
台風一過
福利厚生
結果による反省
マネジメントの距離感
残業の変化
あるべき論からの脱却
ゆとり教育世代というくくり
変化と進化
コミュニケーションの頻度
経営と個人
就業体験
知識の交流
情報交流
チャレンジ
アンケート
変わること
体調と気力
内部統制
ステージの変化
成長の未来像
対話の重要性
未知に対するチャレンジ
目標達成の成功体験
未知に対する対応
幅の広がり
コラボレーション
可能性の広がり
積極性