結果による反省

藤原です。

先日、もと、陸上選手の為末選手が自身のメンタルトレーニングについて話していた。

様々あるが、結果に対する反省の必要性が印象に残った。

どんな結果でも反省しなければ、次に繋がらない。

ただ、良い結果が出たときは、なんらか悪い要因はなかったか?悪い結果が出たときは、なんらか良い要因はなかったかと通常の逆で反省するという。

この内容が、客観的に自分を見ることができ、現実に近い反省になるという。

非常に大切な反省方法だと感じた。

モチベーションアップ手法
マンネリ化の打破
趣味の幅
台風一過
福利厚生
結果による反省
マネジメントの距離感
残業の変化
あるべき論からの脱却
ゆとり教育世代というくくり
変化と進化
コミュニケーションの頻度
経営と個人
就業体験
知識の交流
情報交流
チャレンジ
アンケート
変わること
体調と気力
内部統制
ステージの変化
成長の未来像
対話の重要性
未知に対するチャレンジ
目標達成の成功体験
未知に対する対応
幅の広がり
コラボレーション
可能性の広がり
積極性