未知に対する対応

色々な人に前例の無いことをお話する機会がある。

その時に、様々な反応を感じる。

未知のことに興味を抱き方法を模索する人、自分が既に持っている知識の枠にはめようとする人、前例を作った後に追従しようとする人などだ。

未知を楽しめる人が創造するポジョンに行き、追従する人が利益を享受するという考えがある。

ただ、今までの枠にはめようとすることは、成長しないということに他ならない。

未知を受け入れようとする姿勢が大切だと感じる。

モチベーションアップ手法
マンネリ化の打破
趣味の幅
台風一過
福利厚生
結果による反省
マネジメントの距離感
残業の変化
あるべき論からの脱却
ゆとり教育世代というくくり
変化と進化
コミュニケーションの頻度
経営と個人
就業体験
知識の交流
情報交流
チャレンジ
アンケート
変わること
体調と気力
内部統制
ステージの変化
成長の未来像
対話の重要性
未知に対するチャレンジ
目標達成の成功体験
未知に対する対応
幅の広がり
コラボレーション
可能性の広がり
積極性