朝型の推奨

大手総合商社の伊藤忠商事は、朝型にするため、残業を規制し朝に割増賃金を支給しだした。

残業をすることは、賛否あるが非効率な時間を過ごしている人も多数いると感じる。

集中力や効率を考えると、朝方のシフトは有効になる。

大手企業の朝型への試みにより、変化する企業も出てくると感じる。

ある会員様でも朝番という勤務形態を導入しだした。

朝の活用は今後、重要になると感じる。

効率化手法
体系化
意思確認の必要性
お盆休み
スケジュールコントロール
考える力
検証のすすめ
許容力
悩みの複雑化
素直な実行力
役割の納得
行動
損益分岐点
捨てる勇気
コミュニケーションの頻度
後半準備
捨てる勇気
経営バランス
意識変化のキャッチ
素直な姿勢
仕組みと人
小さなチャレンジ
定型質問
集中するオペレーション
期限を守ること
連携力
相乗効果
任せる勇気
朝型の推奨
質問力、表現力、理解力
第一弾