良いものにかける費用

高級住宅地の分譲など、良いものに対する費用は高額でも出す傾向にある。   では、良いものとはどんなものか?   稀少性があったり、安全であったりするものになるだろう。 何故、どこが良いかということを明確にすれば高額でも消費者は支払う。 … 続きを読む

カテゴリーの切口

渋谷のちとせ会館に渋谷肉横丁という飲食フロアがオープンした。   肉をコンセプトに焼肉店や牛タン店などが集まっている。   カテゴリーでくくる切口としては、今までになかった。   柔軟に考えると、切口はまだまだ広がってくる。 … 続きを読む

季節の変わり目

最近、大分気温が落ち着いてきた。   秋を感じるようになってきた。   季節の変わり目は、体調を崩しやすくなる。   動物たちも同じなら、季節の変わり目を打ち出し健康診断などを訴求出きるだろう。   環境の変化が見ら … 続きを読む

こだわり消費

世代年収は低くても、自分のこだわりのものは高額でも購入する消費嗜好が高まってる。   オタクマーケットと言われる趣味に関する高額品などである。   ある調査では、富裕層向けの商品を購入した世帯の多くは年収500万程度の世帯であったという … 続きを読む

あえて値上ができるか?

最近は景気の動向から低価格化に進んでいる。   これは、時流である。時流に適応する上では正しいと思う。 しかし、あえて自信があるメニューを値上することも一つの手法である。   健診ドックや高度な手術などをあえて値上し、告知することも良い … 続きを読む

わけあり

最近、わけありで安くなる商品が売れている。   形は悪いけど、品質は良い野菜などだ。 中流以上の消費者は安かろう、悪かろうでは割引があっても購入しない。   わけがあるから、安くなるが質は良いというものが売れているのだ。   … 続きを読む

視点の変化

先日、クライアント様が現在取り組まれている治療方法を聞いた。   詳しいことは割愛するが、 細胞に刺激を与え活性化させ自然治癒力を高めるものだという。   ディスカッションをしている中で、 アンチエイジングの切口で打ち出せないかと考え出 … 続きを読む

値ごろ感

価格設定は重要な問題になる。   自院のコンセプトにより、値段設定は変わるが飼い主様がどの位を普通と思うかを 検討してから価格設定することが望ましい。   それには競合価格や飼い主様の声など、調べることがスタートになる。   … 続きを読む

関連性

きれいな文字が書ける文字練習帳を、履歴書の横に陳列したら、 売上が5倍になったとあるTVで放映していた。   昔からある陳列手法であるが、最近ではまた重要性が増していると思う。   最近は活字離れなどが進み、想像力が乏しくなっていると言 … 続きを読む

一枚のカード

最近、携帯電話のメールアドレスを収集するために一枚のカードを作った。   カードには時流や飼い主様心理を考えたコピーや ちょっと、離れていても文字が目立つようなレイアウト、 色などいくつもの工夫を入れている。   小さな、ちょっとしたこ … 続きを読む

安売り

景気が悪くなったり、売上が減少すると安売りや割引が多くなる。   下げた価格以上に患者数が増えるか、下げた価格のメニューで来院した患者さんにプラスした提案が出来ないと収益は下がってしまう。   クライアント様でも同じ企画を実施し、反響は … 続きを読む

オプション

ある大手ファーストフード店の実験では、 ある商品に付随したオプションメニューを購入できるようにすると、 女性は飛躍的に商品の購入率が高くなることがわかった。   動物病院経営にもこれは使えると思う。   フィラリア薬などのメイン商品の提 … 続きを読む