給与水準

藤原です。 給与水準が上昇したという記事が、先日、新聞で掲載されていた。 これは、非常によろこぱしいことだと感じる。 しかし、単に生活が豊かになったのではないことも考慮しなければならない。 様々な要因が日常生活に影響することを忘れてはいけない

利益ベース

藤原です。 営業利益を重視した経営を最近は重視している。 キャッシュフローが経営の根幹になることが、顕著な時代だと感じる。 これは、売上だけでなく、経費コントロールも含まれる。 総合的な経営を構築し、これからの不透明な時代を乗り越えていきたい

シニア犬

藤原です。 シニア犬が最近の来院患者の中心になっている動物病院は多々ある。 初診の中心もシニアというケースも多い。 しかし、シニアの変化が思っているより速く現れることに気づいた。 今の状況に満足することなく、対策を練る必要性を感じる

人材と組織図

藤原です。 ある会員様では、組織図を作るためにヒアリングを行った。 現行の組織図を作り、その上で将来の組織図を作る。 これを苦手にされる経営者は非常に多い。 現状のスタッフは変わらないことを前提に考えるため、現状のポジションから上に人を配置できない。 人は … 続きを読む

パワーポイント

藤原です。 アマゾンなどアメリカの企業では、プレゼンテーションにおいてパワーポイントというプレゼンテーションソフトの使用を禁止している。 また、ある日本企業では、スマートフォンを社内で使用することを禁止し、手書きの交換日記を義務化している。 自分の言葉でア … 続きを読む

一流

藤原です。 野球の野村元監督の言葉に、「一流は変化を恐れない」という言葉がある。 変化を恐れ、変わらない人は多くいる。 変化しないということは、時流や自分の状況からズレていくことが多い。 従って、成長もとまる。 動物病院業界の時流も非常に変化している。 自 … 続きを読む

スリッパ

藤原です。 諸説によるとスリッパは日本で発明されたという。 海外の靴で家に入る人たちに、靴の上からはいてもらって、日本の家に入ってもらったという。 相手の文化を否定的に考えれば、靴を脱ぐことを強要しただろう。 相手の文化を受け入れ、自分の文化に適応すること … 続きを読む

発想の飛躍

藤原です。 会員様の中には、聞いて発想を広がる人と、話すことによって発想が広がっていく人がいる。 いずれにしても、なんらか、現状と違うビジョンを描きたいという意識から発想していくのだろう。 自分がどちらのタイプか、把握していると発想は速く広がりやすい。 発 … 続きを読む

教育と組織

藤原です。 スタッフ教育について、先日、会員様とお話しした。 教育には、階層のレベルも関係があり、リーダーに求める教育、一般に求める教育は異なる。 これは、組織の位置付けに関係してくる。 組織図と教育は連動する。 整理して教育を考えていきたい

インバウンド

藤原です。 先日、友人の飲食店経営者と最近の客層変化について話していた。 三年前と比べて、非常に外国人の割合が増えてきたという。 政府もビザの発行基準を緩めるなどして、外国人の誘致を勧めている。 ある会員様は、未来に向け先行して、この変化の対策も検討してい … 続きを読む

ディズニー研修

藤原です。 弊社では、秋にディズニー研修を行う。 春に行った研修とは違いリーダーや経営者向けの研修である。 ホスピタリティだけではなく、リーダーシップや経営という大きな視点でディズニーを学ぶことができる。 発展を続けるディズニーから学ぶことは、非常に多い。 … 続きを読む

目標設定、目標遂行

藤原です。 色々な業種で伸びている若手と話していると、将来につながる目標を設定していることが多い。 更に、目標にむかい遂行している。 同年代の友達とは意識がズレてくるが、それを受け入れる強さもある。 未来につながる目標を持ち、遂行していくことは伸びるための … 続きを読む

シニア強化

藤原です。 セミナーでもお話しするが、シニア対応への強化が急務だと感じる。 犬のシニア層の大きな変化が、ここ数年で二つおこる。 シニアに強いイメージを持たせ、六年程度したら、また違う切り口を持たせる。 これが、イメージ出来るかが重要だと感じている

圧縮付加

藤原です。 最近、様々な会員様でスペースを圧縮し、新たな機能を追加している。 トリミングルームを縮小し、猫の診察室を付加したり、診察室を縮小しアンチエイジングルームを付加したりしている。 これは、スタッフの効率化などにもつながっていく。 来年から一年後、五 … 続きを読む

成長すること

藤原です。 最近、成長されている会員様は、様々なものを捨てられていると感じる。 成長に応じて、やるべきことや、役割が変わり、捨てることが出てくるのかもしれない。 一人のキャパシティは限られるため、成長と捨てることは比例するかもしれない。 捨てることを恐れず … 続きを読む